うつ病とうまく付き合おう

上手に付き合えばうつ病は怖くない

うつ病というと、「活動ができなくなる」「ネガティブ思考」「憂鬱な気分になる」「説明できない悲しみや不安」といった症状が出ることで知られています。また、「自殺」の原因ともなりうることから、医学界のみならず、現代の社会問題の一つといっても過言ではありません。もしあなたが、あるいは大切な人や家族、友人がうつ病になったらどうするでしょうか。うつ病の対処は、ただ症状に苦しみ、恐れるだけでは何も解決しません。うつ病は、上手に付き合っていけば生活を送ったり、寛解(精神医学などによる完治のようなもの)することだってできるのです。

 

うつ病と闘いながら生活する人は多い

うつ病になったら何も行動できなくなったり、自殺するという訳ではなく、うつ病と向き合いながら生活しているという人は大変多いです。もちろん、うつ病と向き合いながら生活するといっても、そのパターンには多種多様なものがあります。仕事に行きながらの闘病、休暇を取っての闘病など、その患者ごとの向き合い方というものがあるのです。もともと、精神病というのは専門家でもわからない部分が多く、同じ精神病でも個人ごとに全く違う症状が出るということもあります。ですから、個人を指して「あの人はうつ病と闘いながら生活している」からと言って、自分も同じようにする必要はないのです。

 

医療機関での受診や、カウンセリングが大切

うつ病と向き合うにしても、自分一人では原因を探ることすらままなりません。ですので、医療機関での診断や、カウンセリングでの相談を行いましょう。たしかに、診察やカウンセリングで症状が良くなるという確証はなく、通っていても症状が進行することがあります。ですが、本当にうつ病であれば自分一人ではほぼ確実に悪化します。病院は、カウンセリングと投薬治療のバランスが良い医院を、カウンセラーによるカウンセリングは1時間程度話せるものが好ましいです。10年以上の付き合いになることもありますが、焦らずゆっくり治療することが寛解への道です。